百姓日記


お祭りだ!

僕の住んでいる村は限界集落一歩手前みたいな所で、越して来て速攻神社の獅子舞に有無を言わせぬ勢いで誘われました。

選択肢は3つ。獅子舞の役者か笛か太鼓。リズム感も音感もゼロの僕としては拒絶したかったんですが、村に溶け込みたい一心で太鼓を選択しました。

秋分の日の前後にあるお祭りに向けて、9月に入ってからほぼ毎日獅子舞の練習があります。

夜明けから畑と田んぼをして時々子守り。夕飯を食べてから稽古に行き。9時過ぎに終わってから野菜の梱包。疲れます。

明日は最後の練習。明後日の朝から祭りの準備をして、夜は獅子舞。あと少し。頑張りましょう。

祭りが終われば、稲刈りが始まります。

秋ですねぇ

昨日は台風が通過。信濃町は雨は殆ど降らずに風台風でした。そんな中、友人の結婚式に行ってきました。式の料理に我が家の野菜もどっさりと使ってもらいました。

嬉しい時間に参加できて良かったです。式には招待客で呼ばれたのですが、裏方が間に合わずにネクタイにエプロンで一日お手伝いしていました。

「式は観れてないけど、参加してる。こんな結婚式も悪くないなぁ」と思える一日でした。

今朝、家の前の庭で昨日の風で落ちた秋の味覚がどっさりと採れました。秋を感じて欲しいから、今週の宅配便に入れましょう。

畑の夏野菜の収穫量も徐々に減ってきました。もう秋ですね。

とうとう我が家にも

とうとう我が家にも彼らがやってきた!他人事だと思っていたけれど…これは結構キツイな。

そーです。イノシシですわ。

朝、田んぼの見廻りに行くとなんか様子がおかしい?…稲が不自然に倒れてる。あー…イノシシですわ。

短足のイノシシは雪深い土地が苦手で信濃町には元々あまりいなかったんですが、数年前からポツポツと被害の噂は聞いてました。でも、他人事だったんです。

収穫前の稲がごっそりと倒されている。正直、きついです。

仕方がないので田んぼの周囲にポールを立ててロープを張りました。本当は電気柵の方が確実なんですが…電気柵、嫌いなんですよね。なんとか、これで防げたらいいんだけどなぁ。

 

 

 

 

久々の病気?

昨夜は久々に海釣りに行ってきました。

いや。釣り好きなんですよ。めちゃくちゃ。

畑が忙しくて海まで行くのは久々。2時間かけて行ったかいがあり、ヒラメとキジハタ、ガシラが釣れました。全部高級魚です。釣り人の特権ですね。

一番綺麗な野菜?

今日は良い天気!気持ちがいい。

こんな秋晴れの空には花オクラの花が良く映えます。

個人的に花オクラの花は野菜の中で一番優雅にキレイな花なのでは?と思います。(花オクラは花を食べる品種のオクラです。)

それもそのハズ。ハイビスカスと同じアオイ科なんですね。そ~言えば、似てるなぁ。

ヒント?

今日は豆畑の草刈りをしました。この畑は去年まで田んぼをしていたのだけど家から少し遠い事と水持ちが悪い事から畑作にしようと思い、今年は大豆と小豆を植えました。

6月初めに耕起して大豆と小豆を種まき。・・・時々、様子を見に行く。・・・。なんかヘン?

雑草が全然生えないんです。

(下は最終耕起から2ヶ月後の畑)

結局、今日外周を草刈りするまで一度も畑の草刈りをしないで済みました。

有機農業はある意味雑草との付き合い。この現象にすごーいヒントが隠されていそうです。

田んぼ→畑 に秘密があるのか?耕起のタイミングに秘密があるのか?

おもしろいなぁ。

 

 

 

 

トマトケチャップ

妻が参加している食餌グループ(食を考える会)で毎秋恒例になっている
ケチャップ作り用の調理トマトを収穫しました。

去年 話の流れから調理トマトを試しに作ってみたところ、
それまで某J〇から買っていたトマトと味と品質がまったくの別物だったらしく「来年もよろしく」と早々に言われていました。百姓鈴木は単純バカでして、褒められると嬉しい。嬉しいとがんばっちゃうって事で今年もたくさん育てました。

朝9時から16時まで、総勢12名で作業を分担しながらのケチャップ作り。(僕は参加してないですけど・・・)

 

たいへんな手間だけど、わいわいがやがや楽しみながら みんなで手作り。
そんな素敵なイベントに協力できて光栄です。

今年は雨が多くて味もいまひとつ(皆さんはおいしいと言ってくれましたが・・・)
来年はもっといいものが育てられるようにがんばります。

蔓返し

今日は朝から久々に良い天気!秋晴れです。

午前中は大工仕事をして、午後はサツマイモの蔓返しに行きました。

サツマイモは地這性の蔓野菜で蔓を伸ばしながらドンドン広がっていきます。地面に触れた蔓から根っこが出るのですが、放っておくと蔓ばかり伸びてサツマイモが肥りません。

それを防止する為に夏の終りに伸びて根を張った蔓を引っこ抜きます。一度に全部の蔓を引っこ抜くとサツマイモが弱ってしまうので左右片側づつ時間を置いて引っこ抜きます。

引っこ抜いた蔓は地面の上に戻しておくと数日また元のように太陽に葉っぱを広げます。

今年も美味しい芋が採れるかなぁ?

 

 

 

 

ゆっくり大きくなる

朝 畑へ出ると肌寒い。夜明けも5時半になってしまった。あー、秋だなぁ。

夏野菜がドンドン勢いを失っていく中で今年も茄子は元気だ!茄子の栽培は難しいらしい。でも、ウチの茄子は「コレからですぜ!」って感じ。

茄子の失敗でよく聞くのは「青枯れ」。昨日まで元気だった茄子が突然枯れ始める症状。ウチの茄子は青枯れをしたことが無い。

どうも初期に肥料を沢山与えてドッと大きくするのが良くないみたい。頑張り屋の茄子は肥料の分だけドンドン大きくなって、ドンドン実をつけちゃう。で、身近な所に肥料分が無くなると突然ヘバッて枯れてしまうようです。

ウチの茄子は最初に与える元肥は極少量。ゆっくりとしか大きくなれないけれど、肥料を求めてドンドン根っこを張り巡らせる。強靭に張った根っこのお陰でいつまでも元気でいるようです。

野菜全般に言える事だけど、小さいウチはギリギリの栄養でゆっくりと大きくさせた方が元気だし長生き。

赤ちゃんの頃から栄養たっぷりで育った僕ら現代人は長生き出来るんだろうか?

 

おつかれキュウリさん

今日で8月も終わり。高原の信濃町はもう秋の風。昨夜は寒いくらいでした。

夏野菜のきゅうりもお盆すぎには急激に弱ってしまい、今日刈り取りました。植え付けた後はスゴク調子が悪くて心配だったきゅうりも、その後は順調に実を成らせてくれました。お疲れさまでした。

 

種取り用の大きなきゅうり。来年の種になります。

ぼかし

只今21時。野菜の梱包中です。眠たい。この時期は収穫&秋作の準備と植付けで大忙しです。体重も冬から6㌔減りました。農業ダイエットですね。まぁ、元々細いんですけど…

でも、忙しいってありがたい!食べてくれる人がいるってありがたいです。感謝。

今日は先日砕いた緑肥の上にボカシを撒きました。ボカシって言うのは、有機物を細菌の力で発酵(分解)させて作る肥料の事です。

一度発酵させることで植物に吸収されやすくなります。味噌とか納豆とかヨーグルトと一緒ですね。

ウチのボカシは基本、米ぬかと籾殻を混ぜて畑の土を溶いた水でボカシます。畑に棲む菌を使う事で、畑に入れた時にスンナリと馴染みます。

信濃フェス

今日は朝イチの出荷後、村用で用水路の泥上げ。平均年齢60歳。80歳近い人も普通に参加。久々の快晴で暑い!

4時間程の作業でバテバテでした。おじいちゃん達すごいなぁ。

午後は今年2回目のイベント信濃フェス。童話館の敷地の芝生の上でワイワイガヤガヤ。やたらと知人、友人に会いました。

息子は駐車場からの連絡用 トラクターバスに大興奮!パトカーでもなく、消防車でもなく、田舎の子供はトラクターに興味津々。

それから加工用トマトの収穫。今年は雨が多くて味はどうかなぁ?本当にお天気商売ですねぇ。

バッタ?

穏やかな秋の空の下、近所の知り合いの所でお茶してきました。

ふと近くのススキを見るとバッタが…トノサマバッタ?キリギリス?なんか、色が変だな?…

草バッタでした。うーん、風流。

緑肥

収穫が済んだとうもろこし畑をハンマーナイフモア(草をバラバラに砕く機械)でキレイにしました。とうもろこしと雑草を少し乾燥させてから畑に鋤き込みます。良い緑肥となって次の野菜の栄養になってくれるでしょう。受け継がれていく命。

続きを読む →

雨とトマト

八月に入ってから天気が悪すぎる。一日晴れていた日は数えられるくらい。

野菜にも影響が出始めました。

南米の高地が原産のトマトは雨の少ない環境に適応していて、葉っぱや実の表面からも水分を吸収します。そんなことで、多雨多湿の日本で露地栽培は難しいです。

我が家のトマトもパカパカと割れだしました。赤くなったトマトの半分くらいを摘み落とししています。切ないなぁ。味も水っぽくなってしまうし…

 

とうもろこし終了!

標高700mにある信濃町は日差しの強い夏でも朝夕は涼しい気候です。
そんなところがとうもろこしの原産地(南米高原地帯)に似ているのか味が良く、村の名産品になっています。シーズンになると県外からも目当ての観光客が押し寄せるくらい

そんな とうもろこし 無農薬・有機栽培をしている人は少ないです。
理由は簡単。難しいから。

甘くておいしいとうもろこしは虫にとってもごちそう。無農薬栽培がめちゃたいへんなとうもろこしだけど りんもく舎ではがんばって育てています。

その甲斐もあって評判は上々!自然な甘さでリピーター続出です。

ただ夏もお盆を過ぎるとアワノメイガの食害が酷くなり過ぎてマトモな正品がほとんど採れなくなります。な、もんでりんもく耕舎のとうもろこしはお盆過ぎには終了です。

来年も懲りずにがんばって育てるので宅配頼んでくださいね。ホントにおいしいから

しかし、あのアワノメイガとアブラムシを駆逐する農薬ってなんなんだ?

出穂

8月に入ってずっと天気が悪い。
さすがに野菜の今後の生育が不安になってきました。

そんな中お米は元気に出穂です。
水面には一面の水草が生え、雑草の発芽を抑制してくれています。
今年のお米はどんなかなぁ

休日芋ほり

お盆休みを利用して友人が東京からやってきました。
掘り残していたじゃがいもを体験収穫
2歳の息子と1歳半の友人の娘
まだ、ちょっと芋掘りの魅力はわからなかったかな?
友人と奥さんの方が、ごろごろ出てくる芋に感激していました。