進歩したのか?進化したのか?

 キャベツを被っていた不織布を剥がしました。ミニキャベツなので小ぶりですがしっかり結玉してます。以前のブログにも書きましたが、有機のキャベツ栽培は手間がかかります。成育期間がながいので防草もたいへんだし(今年はマルチを使...

スギナは強い❔

 自然農は観察の農業だなぁって、思います。野菜だけではなく、雑草の植生遷移や虫の種類、増減、圃場内全ての状態を観察して、自分なりの理論を導きだし、軌道修正をしていきます。 勿論、僕の感覚や理論がいつも正しい訳はなく、失敗...

おいしいから食べる❔

 雨が降って日が差せば野菜がグッと大きくなります。それ以上にググッと大きくなるのが雑草です。曇天の下で畑回りと畝間の雑草を刈り込みます。本当は晴天が続くときに刈りたいのですが(刈り草の乾燥と雑草抑制に効率がよい。)、いつ...

大農家、小農家

 前日の夕方に4日ぶりにちょっと離れた所にある畑の見回りをしました。この畑は手間のかからない野菜(かぼちゃとかネギとか枝豆)を中心に作付しているのですが、ちょっと見ない間に枝豆が雑草に埋もれて何処にあるのだかわかりにくい...

人為無用

 農業を本格的に始めて10年になります。最初の7年間は自家用メインで育てていました。極力 外部購入資材は使いたくなくて、竹を切り出して支柱にしたり、ビニールマルチなども使っていませんでした。 3年前に専業農家になってから...

絶望の国

 元々『国』には期待をしていない。政治的な立ち位置で言えば『アナキスト』そんな僕です。 資本主義の末路、国家の衰退 随分と昔に、そんな流れに気がついていました。だから、自衛の手段として、自給自足を始めました。外部からの資...

アフリカの夕陽

 よく『農家になる前は、なにをしていたのですか?』と聞かれます。で、答えに詰まってしまいます。(たぶん職業を聞かれているのだろうなぁと思いつつ) ぼくは18才から30才まで国内外をふらふらとしていました。それを『旅人』っ...

自然農と東洋医学

 りんもく舎は夫のぼくが有機農家の『りんもく耕舎』を営み、鍼灸師の奥さんが『りんもく鍼灸舎』を開業しています。二軸推進で自転車よりも進まない徒歩操業の日々を送っています。真面目にやってりゃ儲からない仕事ですが、お互いに天...

光柱

 奥さんと二人の息子が寝静まった夜に一人台所で豆の選別をします。ボールですくった豆を縁のある平たい板の上(そうめんの空箱上蓋)に空け、転がしながらクズ豆とゴミを選り分けて行きます。延々と繰り返される単調な作業。そのリズム...

おいしい魚が食べたい

 モノを増やしたくないので普段は殆ど本を買わずに図書館で済ませています。コレハ!と思った本だけ手元に置いています。 先日、古本屋で『おいしい魚が食べたい』と言う古い本を買いました。殆ど直感でです。で、おもしろかった。初版...

種の次は水

水道法が改悪されました。 人口減少、過疎高齢化で維持運営に今後経費が増大する水道事業を民間の知恵を使って改善していくとの名目で、です。 公営と民間。その違いは、利益を追求するのか、しないのか、ではないでしょうか? 『儲か...

不妊と除菌

 近頃小難しい話の多い当ブログ。ちょっと面倒臭いちゃんになっている気はしますがぼくがいまそんな感じなので仕方がない。   宅配野菜のお客さんに医療系ライターの方がおられます。その方にこのあいだ聞いた『農薬と自閉...

強いぞ。白菜!

 友人がおいしい自家製キムチを漬けたいからと白菜を注文してくれました。で、途中経過の感想が『塩漬け白菜の時点で、すでに完成された味』 それから 『水がなかなか上がらなくて野菜の力強さを感じた』との事。 我が家でも浅漬けを...

TPPと種苗法

 結構強い寒波が南下しているようで週末の最低気温が−5℃予報。寒害を受ける前に里芋の収穫をしました。南方系の里芋は高原の信濃町には合っていない作物なので、収穫量はあんまりです。まぁ、でも、里芋好きだし。いいか。 &nbs...

農薬と自閉症

 先日参加した有機農業の勉強会で聞いた話に『農薬と自閉症』に関する内容がありました。じぶんのなかで腑に落ちる感覚もあり気になったので帰ってからいろいろと調べてみました。 要約するとグリホサートと言う成分を含む除草剤(商品...

農の寺子屋

 昨日 中条村へ有機農法の勉強会『農の寺子屋』の集まりに行ってきました。講師をされたのは『まごころふれあい農園の久保田さん』 信州有機農家の草分け的な存在で、数年前に農業普及センター絡みで講演を聞いたことがあり、是非 再...

奇跡のリンゴ

 秋になり農作業も一段落。秋の夜長に読書をする余裕がでてきました。自然のサイクルは本当にうまくできています。 本棚から久しぶりに『奇跡のリンゴ』を取り出して、読んでみました。で、相変わらず号泣しちゃいました。コレなんなの...

かわいいと面倒臭い

 11月の声を聞いた途端 強烈な霜が降りました。畑一面バキバキに凍っています。歩くたびにサラサラと氷が砕け、葉っぱの折れる音。霜の降りた日は快晴。空は高く青く澄んでいます。   4ケ月になる下の息子は近頃とても...

スーパーではありません。

 正確な数字はちょっとわからないですけれど りんもく舎では年間50品目120種類くらいの野菜を育てています。たくさんの種類を作付けするのは、効率の面では非常に悪いです。なのになぜ これだけ多くの野菜を栽培するのかと言うと...

モノの値段2

適正な価格とはなんなのでしょう? 需要と供給のバランス≒適正価格 資本主義のお手本の答えを出すと、こんな公式になると思います。 では、うちのお米の適正価格を考えると 慣行(農薬や化成肥料を使う一般的な)栽培に比べて手間は...