百姓日記


田植えと泥のビチャ夫

 愛犬で鈴木家三男の『黒豆』の右目の調子が三日前から良くなくて、『たぶん外傷だろう』とは思いつつ今朝 動物病院に連れていきました。原因は不明(たぶん角膜がなにかの理由で傷ついた)でしたが、大事には至らなそうでとりあえず目薬だけ貰って帰ってきました。よかった。

さてさて、本日はもち米の田植え(手植え)です。『もち米は売るほど作らなくてもいいや』って考えで『みのる式育苗ポット』で八枚分の量になります。(みのる式がわからない人には、なんの単位やら不明でしょうけど…)

縦列片側に30㎝間隔で目印の入った紐を張り横列も30㎝間隔で五条植えしていきます。俗に言う『尺角植え』です。(これまた知らない人は知らない単語) 目測で曲がらないように植えているつもりでも、やっぱり所々の歪みます。特に今日はスピード優先だったので うーん⤵️ な感じの仕上がりになりました。

 一心不乱で田植えをしていると後ろの方でドボンドボン、バシャバシャと水に飛び込む音がします。…振り返ると黒豆が目を爛々と輝かせながら泥水まみれに… そーだよね。犬も子供も水大好きだもんね。…

生暖かい水、泥の匂い、苗を潜り込ませる指の感覚、気持ちがいい。時々、晴れて暑く、時々、風が抜けて涼しく、気持ちがいい。と、『バタバタバタ』とヘリコプターのローター音が聞こえました。見上げると低空で四機の輸送ヘリコプターが飛んでいます。自衛隊でしょうか?アメリカ軍でしょうか?

地上の上 地面の近く 多少泥に埋まった昭和初期のように手植えをする男がひとり、空の上では最新装備を身にまとった最先端の軍人達

『そこから僕が見えますか?』

余りの境遇の違いに、なんだか不思議な気分になりました。非現実的で同じ星の同じ人の営みのなかとは思えない。どちらかが空想の産物なのかも知れません。駆逐されるのは、たぶん僕の方でしょう。

ドロノビチャ夫になった黒豆はヘリコプターなど気にせずに水面に映ったじぶんの姿に飛びかかり続けています。

これは現実だな。

田植え 機械植え

 天候と作業配分の関係で急遽日曜日の午後から田植えをする事にしました。友人の有機農家さんに4条植え乗用田植え機を借りてきて、微妙な感じの苗をセット。なるべく真っ直ぐに均等に植えられるように真剣な顔をしながらの作業(笑)。

でもね。歪む。歪む。

しかも途中から予報にない雨が降り始め焦る焦る。午後1時から4時まででなんとか二反分のコシヒカリを植え終わりました。

翌月曜日はもう一枚の田んぼの田植え。こっちはササニシキです。9時頃から始めて正午には終了。田んぼは正視するのも嫌なくらいな惨状に…

苗が失敗、耕起&代かきヘタ、極めつけに僕の機械操作技術が未熟と三重苦のお陰で稲はあっちふらふら、こっちふらふらしています。情けなし。

今日は残る一枚のもち米を手植えします。

逆さ黒姫

 6月1日の『田植え』に向けて、代かきをしました。これまではザザっと、軽く適当にしていた代かきですが(ちゃんと理由はあります。)、今年はかなり丁寧に行いました。(これまたちゃんと理由があります。)

トラクターのギアを低速にして、ロータリーは中速回転。対岸に在る目標物(花だったり、窪みだったり、電信柱だったり)に目線を合わせて、なるべく真っ直ぐに隙間なく効率よく進むように注意します。結構、神経を使うし、時間もかかります。

朝イチから代かきをしていると奥さんと次男が散歩に来ました。次男を、暫しトラクターに乗せてあげると不思議と神妙に真剣な顔をして、僕とおなじように前方を見つめています(笑)。

遠くに見える黒姫山と妙高山が水面に映り、とても綺麗です。

小さな苗

 毎度の事ですが百姓スズキは日々 失敗を繰り返しています。農業をはじめて10年。専業になって5年。なんとなく野菜たちの事がわかったような気になって、土の事がわかったような気になって、自信満々で、でも、まだまだたくさんの失敗をします。…難しい。

それでも10年前には気がつきもしなかったこと、一年前には解けなかった謎も、なんとなく少しづつ見えるようになってきたような気もします。たぶん、百姓を止めるその日まで、こんな日々の繰り返しなのでしょう。

今年は(も)育苗は順調じゃないです。気温が低かったせいもあり、まだまだちっちゃい。そして元気がない。…うーん。

それでも1日1日 小さな苗は大きくなっていきます。

僕もちょっとづつでいいから前進しなきゃな。って、教えられます。

土を焼く

 今年の冬は雪下野菜に挑戦してみようと思っています。雪下野菜と言うのは、文字通り雪の下から掘り出す野菜のことです。元々は雪国の自給貯蔵用技術だったのですが雪の下で長期間熟成、生育させることでエグ味が抜け、甘味や味が濃くなり一部地域ではブランド化されて静かなブームを呼んでいます。

これまでりんもく舎が借りていた農地は冬期間の車の接続が悪く(未除雪)、ただでさえ重労働になる雪下野菜は諦めていました。今年から除雪される道路の近くに5畝くらいの小さな畑を借り増しする事になりました。『じゃあ、やってみるか。』となった次第です。

 

 どんな野菜でも雪下に出来る訳ではなくて雪下に向く野菜は寒さに強いが大前提になります。初挑戦の今年はテストも兼ねて雪下、雪中(初冬に収穫して雪の中で保存)野菜を一通り試してみるつもりです。種類で書くと、雪下(人参、キャベツ、コカブ、ほうれん草)と雪中(白菜、大根、じゃがいも) です。

で、雪下野菜のなかで一番有名なスノーキャロットの作付準備を始めました。

人参は、肥料が少ない痩せ地でも栽培が可能ですし味の違いも出やすく、有機や自然栽培に向いています。ただ『草負けしやすい』と言う弱点があります。

発芽に湿り気が必要で、尚且、初期生育が遅い。つまり『ヨーイ、ドン!』で普通に雑草と勝負させると簡単にボロ負けしてしまいます。その為、初期~中期に草取りが必要になります。ただ、小さな人参を傷めないように雑草を抜くのは根気の要る大変な仕事なのです。

そこを解決する為に、りんもくでは『焼き土農法』をする事にしました。

耕運した畑に1メートル幅の畝を立て、透明ビニールマルチで覆います。透明なマルチは太陽光を土に届け、地面からの輻射熱は外に逃しません。結果、初夏の殺人光線を浴びた土の表面温度は70度くらいにまで上がります。その熱で雑草の種を焼いて、除草対策とします。

とりあえず、7月末の人参播種まで焼き焼きしてみます。

草原

 そろそろハウス内の植え付けの準備にかかりたくてハウスに積み上げていた昨年の脱粒で出た豆殻を集めて、茄子を植え付ける畝に敷きました。

菌床堆肥を漉き混んで以降、ずっと放置していた畑の通路に良い感じに雑草が生い茂っていました。

ハコベ、赤クローバー、白クローバー、タネツケ花、ギシギシ、ウサギ菊、ヒメジオン、菜花、燕麦、タンポポなどなど多種多様な草が茂っています。

各々が独立独歩でソコに在る。

押し合い、へし合い、喧嘩しながら、仲良くしながら小さな世界を作ってる。

『きれいだなあ』『イキイキしてるなぁ』

なんだか僕までニコニコしちゃう。

いい草原になりました。

もう少ししたら茄子も友達に入れて下さいね。

トマト苗の定植

 『そろそろ定植して下さいよ。』って大玉トマトが声をかけてきたのでハウスの自給用野菜を片付けて、定植をしました。ほぼほぼ葉物野菜も収穫済みだったので丁度良いタイミングでした。

野菜と一緒に生えていた雑草の内、大株になるアカザは根っこから抜き去り、あとは植え付け穴周辺の草だけを引き抜きます。育苗ポットプラスα分の深さに土を掘り、水を大量に注ぎます。で、そのまま冷たい水が温まるまで放置してからトマトの苗を植えました。今回は苗の成育が早い大玉だけです。

いつも不思議に思うのですが、大玉、中玉、ミニトマトの種を同時に蒔くと大玉トマトが一番早く発芽します。品種改良の度合いで考えればミニ→中玉→大玉と手が入っていると思うのですけど…

想像ですけれど、開花から完熟までに一番日数がかかるから、なるべく生育期間が長くなるように調整しているのかなぁ?と思います。

種は偉大だ❗

兎に角、元気に健やかに美味しく育って欲しいものです。

 

散歩

 やっとやっと待ちに待った『恵雨』です。一昨日の夜更けから昨日、そして、天気予報では今日と明日も☔マークです。(ちょっと降りすぎ?)

定植してからマトモに雨が降らず、定植時のサイズのまま黄色くなって枯れかけていた『ケール』が、たった一晩で元気を取り戻して倍くらいの大きさに育っていました。

辛い時期、苦しい時期に必死に根っこを伸ばしていたんだね。見えなくても頑張っていたら、いつか花咲く。教えられます。

 

 話変わって、犬の散歩のお話。

冬~早春の間は近所の山道や農道をフリーにして散歩出来ていた『黒豆』さんですが、農繁期に入り山や田畑に出る人が多く『フリーではちょっとな~』な感じになり、散歩場所に気を使うようになりました。

一日中20畳くらいのドックサークルに入れられて可哀想なので、せめて散歩は自由にさせてあげたい。でも、周りの人の手前、勝手気まま間は無理。…

そこで、今は休耕中の畑に連れていき放牧しています。ここなら広いし、人に迷惑もかからない。

黒豆は、『帰るよ~』の指示があるまで、あっちに行ったり、こっちに行ったりと楽しそうです。

立ったしっぽが左右にフワフワと揺れて『幸せなんだなぁ』って、伝わってきます。

渓流

 子供の頃から魚釣りが好きで小学生の僕が憧れたのは『渓流釣り』でした。普段、近所の川で釣る鮒やオイカワ、カワムツなんかの地味な魚に比べて、渓流魚の色鮮やかなコト。美しいパーマークと写真で観る深山幽谷に流れる清らかな小川での釣りにメチャクチャ憧れました。

中学生になり、行動範囲が広がり自転車で二時間かけて近くの里山に渓流釣りに何度も行きました。でも、そこで釣れるのは『養魚所で育てられたニジマス』です。それでも初めて手にした美しい魚に心を踊らせていました。

10年前、長野県に引っ越してきて、近所の用水路で岩魚を釣ったときにはびっくりすると共になんだか残念な気持ちになりました。『こんな所で釣れるのか…』と

昨日は野良仕事を午前中で切り上げて、車で20分くらいの山中を流れる鳥居川まで釣りに出かけました。たった20分の距離ですが戸隠神社の下流を流れる鳥居川は、しっかりと深山幽谷です。

山道を歩き、川原に到着。一時間半ほど釣りながら遡上して岩魚と山女魚を二匹づつ釣り上げました。誰もいない森の中を自由気ままに

楽しかった。

夜ご飯には釣り上げたばかりの天然渓流魚をいただきました。

渇水

 五月に入ってからまとまった雨が殆ど降っていません。畑の土はカラカラに乾いていて、定植した野菜どころか雑草も元気がありません。ひどい。

その影響なのか?4月20日と5月5日に播種した葉っぱ野菜の発芽が不良です。場所によっては殆ど生えておらず『野菜セットどないしよ?』そんな状況です。

農業はお天気商売とは言え、毎年毎年 こんな風に気候に振り回されていると苦笑いしか出てきません。雨乞いの踊りでも踊りますか。

田んぼの入水も始まり夏野菜の苗も少しずつ大きくなっています。

天気予報では、今夜は☔マークなのですけれど、どないでしょ?

四歳と一歳と五ヶ月

 二月一日に我が家にやって来た三男の『鈴木黒豆ちゃん』は、ものすごい勢いで大きくなっています。歯の生え替わりも進み、鼻面は伸び、既に幼年は卒業して少年の雰囲気です。

ボーダーコリーと言う犬種は『羊を追う。』使役犬として交配されてきたので、見た目は割と雑種臭いです。が、運動能力と頭は噂通りとても良いです。人間で言えば、まだ小学低学年くらいの月齢なのでしょうけれど『こちらの指示する意図』さえちゃんと伝われば2、3回教えるだけでスッと飲み込みます。

畝には入らず、通路を歩く。とか、マテの指示を解除するまで我慢強く待っていたり、余所の畑には行かない。などなど

まぁ、でも全て🆗って訳でもなくて出来ない事も多々ありますけどね。

一方で我が家直系の長男(4才9ヶ月)と次男(1才10ヶ月)には、全く指示が効きません。畑に連れて行けば畝を踏み、苗をひっくり返し、『静かにしているなぁ』と思っていたら土と水で泥々になっています。

『マテ』の指示は耳には入らず、『もう帰ろ』の指示には全力で抵抗。

でも、うちで遊ぶよりも泥まみれになって外で元気良く遊ぶのが大好きな長男と次男が、僕も奥さんも嬉しいです。

『亜里さん、毎日の洗濯物お疲れさまです。』

理想の産物

 200穴のセルトレイで育苗しているとうもろこしが『そろそろ植えてくれ❗』と言っていました。今朝が週間天気予報の低温日(少し霜が下りました。)で、降霜はおそらく今後はないだろう。って、事にして、とうもろこしの定植をする事にしました。

あらかじめ菌床堆肥をすきこんでおいた畝に数日前に刈った畦や斜面の草を敷き詰めて行きます。畝の上は柔らかそうな干し草を、通路には硬め(ススキなど)の干し草を敷いて行きます。

刈った草を乾かし、集め、畝や通路に敷く。割りと手間がかかります。苗の定植も草をどかして植える一手間が追加されます。

でも、やっぱり気持ちが良いんです。

ビニールマルチを張っていた時の気持ち悪さとは正反対の感覚。

土から生まれたモノを集め、また土に戻す。気分が良い。両手一杯に集めた枯れ草の香りも気持ちが良い。

僕の農業は『これで良いんだ❗』って、再確認した1日でした。

妥協の産物2

 生理的に気持ちが悪い。思想に合致してない。 & 設置と撤去が面倒臭い。 そんな理由でりんもく舎では、これまでマルチの使用を極力抑えてきました。

専業農家になって5年目の今年 今後の事やいろいろ考えて、テストの意味合いも兼ねてマルチ使用を増やしてみる事にしました。余り環境の良くない畑で全面的にマルチを使う。『マルチ特区』を作ってみました。

植え付けるのは、じゃがいも(防草、収穫と後作の簡便化)、里芋(地温上昇)、南瓜と西瓜(防草と地温)、落花生(地温)です。

トラクターで耕起して地肌が剥き出しになった土地に畝を立てマルチング。慣れないマルチ張りに右往左往しながらフッと頭を上げると『美しくない。』

『土が呼吸してないなぁ。』

これまでもマルチをまったく使って来なかった訳ではない。けれど、こう畑全面マルチだと『やっぱり気分は良くない。』です。作業をしている僕まで気持ち悪くなってきました。…息が詰まる。

今年の結果を見て、来期以降のマルチ使用を検討しようと思っていたけれど、既に『やっぱり多用は止めよう。』って結論になりました。

見開きの畑と下の畑、皆さんならどっちで暮らしたいですか?

(不耕起栽培8年目突入のりんもく舎の標準畑)

妥協の産物

 有機農家と言ってもそのやり方は千差万別です。慣行農法に準じたやり方で『とりあえず農薬と化成肥料さえ使わなければ良い。』と言ったスタンスから『完全無施肥で放任、その土地で育つ野菜だけでよい。』と言ったコアな自然農まで、内容はいろいろです。

りんもく舎はと言うと『出来れば不耕起で施肥は極力控える。資材も極力控えたい。』と自然農寄り有機栽培を志向しています。

でも、野菜を売って生活を成り立たせている以上、最低限の収穫と効率化は避けては通れません。どんなやり方が良いのか?自分の思想と合っているのか?そのすり合わせの毎日になります。ベストを求めつつ、ベターな道を歩いています。

慣行、有機栽培共に良く使われる農業資材の一つにマルチがあります。マルチがどんなものが簡単に説明すると『巨大なサランラップ』みたいなモノです。

用途としては、土をマルチで被うことで雑草の抑制をします。また、服を着ているようなモノなので地温の上昇にも役立ちます。

りんもく舎では、極力石油由来の資材は使いたくないので、抑草目的では殆ど使ってはきませんでした。地温上昇が必要な野菜(南方系=さつまいもや里芋、スイカ、オクラなど)とつる性で雑草管理が難しい野菜(南瓜など)、水分管理をしたい野菜(甘瓜など)と全体の1割程度の使用に納めていました。

ですが、今年はじゃがいもにも使うことにしました。理由は、じゃがいも収穫後の後作への簡便化の為です。馴れていないマルチを張り、じゃがいもを植え付ける。フッと見上げた畑の姿に、少し凹みます。『これがじぶんのやりたい農業の姿なのか?』

日々、妥協と意地のせめぎあいです。うまい着地点が見つかるといいのですが…

諦めが肝心

 寒かった4月が嘘のように5月に入り夏のような天候が続いています。ここ数年、暑い、寒い、渇水、長雨など極端な天候が多くなりました。

天候の乱れと人心の荒廃、新しい変な病気の発生。たぶん、これらはひとつの大きな流れなんじゃないですかね?世界は繋がっているから『なにかがおかしくなれば、他のなにかもおかしくなる。』そんな気がします。

三密とは真逆の三粗な農家の仕事にはコロナの影響は特に変わりがありません。けれど種や資材など少しずつ欠品や品薄などが散見されます。今後はどんな風に変わっていくのでしょうか?

 

 毎年の事ですが『育苗』が上手くいってないです。特にナス科とウリ科野菜の育苗がダメダメで適期に定植が出来なそうです。こればかりは経験の積み重ねなので来年は失敗しないように頑張りたいです(遠い目)。

ハウス栽培の自家用小松菜が初取り出来ました。もう数日で水菜とチンゲン菜も取れるでしょう。そのあとはコカブや春菊、路地のアスパラガスや韮などが食べられるようになるはずです。なんとか我が家の食卓に緑野菜は供給できそうです。

海と子供

 コロナの影響で10日程前から保育園を休んでいる長男。僕も農繁期になり手がなく、妻が仕事(鍼灸院)をしている日は次男共々 義父母に預かってもらっています。義父母がいなければ日々の生活もままならないので、本当に助かっています。

都会で近くに父母のいないお宅はどうしてやりくりしているのでしょうか?そんな、お父さんお母さんの頑張りに頭が下がります。子供達のストレス軽減の為に昨日は海まで出掛けました。

10時に出発し行きしなに知り合いのイタリアン料理店のテイクアウトイタリアン弁当を買い途中は何処にも寄らずに一路海へ。海辺の防風林側の木陰でお弁当を食べてから人気の少ない浜辺で子供達を放牧しました。

春のまだ冷たい海に膝したまで入り、貝殻を広い、砂遊び。柔らかな海風が吹き、暑くもなく寒くもない良い天気。二時間くらいしっかりと遊ばせてから帰路に着きました。

水辺と子供は本当に合うなぁ。

また、行きたいです。

百姓建築7

 ほぼ一年前からスタート(構想は3年前から)した百姓建築倉庫がだいぶ仕上がって来ました。今回は三連棟の内、食糧貯蔵用の一棟の土間コンを打ちました。

5年前に野菜選別用の小屋を増築した時はコンクリート全てを人力で練って土間を打ちました。砂利と砂とコンクを練るのは、すべての素材がめちゃくちゃ重くて本当に疲れます。そんな経験があったので、二年前にコンクリートミキサーを買いました。

友人の有機農家にヘルプを頼み彼にはコンクリート練り上げを、それを僕が一輪車で運びコテで均していきます。二人の仕事配分がちょうど良く、作業はドンドンとはかどりました。

2間×1.5間×厚み50を都合二時間強で終わらせました。コンクリートミキサー最高❗めちゃ楽でした。やっぱり機械はスゴいな。

ザッと均した土間はどうしても凹凸があります。丁寧に仕上げるなら、この上にモルタル仕上げをすれば良いのですが、まぁ、地面からの水蒸気さえ上がらなければ良いやと、土間コン打ちっぱなしにしました。

あとは入り口周りの排水溝を作れば、とりあえず出来上がりです。

鼠の奴め💢

 最低気温と育苗期間を考えながら夏野菜の苗を作り始めています。

早だしウリ科野菜(きゅうり、南瓜、甘瓜など)を播種して鼠避けにポリポットの上に蓋をし、家に帰りました。

翌日、きっちりとやられていました。…💢

南瓜の種はすんごく高いので凹みます。が、くよくよしている暇はありません。すぐに農業資材屋に向かい種の補充。材木で育苗棚を作りました。しかも、この育苗棚はボカシ肥の発酵熱を利用した温室兼用です❗これで霜でも大丈夫❗と我ながらシテヤッタリの気分。

で、翌日。しっかりと再びやられていました。…(涙)

鼠を嘗めていました。70㎝高の棚なんて彼らには意味なしなんですね。

いろいろ悩んだあげく、ウリ科の育苗は自宅のサンルームでやることにしました。(最初からそーしておけば良かったです。)

味噌造り

 昨年、在庫がたくさんあったので見送りにした『味噌造り』。今年はコロナの影響などもあり“どーしよーかなぁー”と考えていたのですが、在庫味噌が一樽(50㍑)+半分になったので“やっぱり仕込んでおこう”となりました。

『味噌と米さえあれば、とりあえず死なないし。』

2年ぶりの味噌造りは『あっ、確か、こんな手順だったはず』と、思い出しながらの作業になりました。都合10回目くらいなのに結構忘れているものです。

一番心配していた『糀出し』はしっかりと米の花が咲きました。いつ見ても美しいです。温かい糀を触っていると、なんだか元気を分けて貰えます。

今回はりんもく夫婦主体で仕込んだので時間割りを気にせず先回り先回りと作業を進められたお陰で滞りなく進みました。最終日だけ知り合いに助けてもらい今年のお味噌も出来上がり❗

来年の夏以降、一年数ヵ月倉で休んでもらえば食べ頃です。

路地葉物播種

 週間天気予報にずらりと☔&☁️マークが続いています。この週間予報だと播種タイミングを悩んでしまいます。…

路地に種を下ろす時は、その時の土の状態とその後の天気がとても大事です。ベストなのは土の表面は乾いているけれど、表土のすぐ下は湿り気がある状態。そして、種を蒔いた後に半日~一日シトシト雨が降って、その後は穏やかな晴れが続く天候です。

でも、まぁ、そんなバッチリな時は殆どありません。

りんもく舎では、小さな種をたくさん蒔く時は、手押しの種蒔き機『種まき権兵衛』を使います。1cm間隔で播種幅を変えられて、播種深さも調整が出来る優れものです。

とりあえず今日は春人参と小松菜、水菜、紫水菜、チンゲン菜、春菊、コーラルリーフ、わさび菜なんかの一回目を蒔きました。この後、六月初旬にかけて都合四回に間隔を開けて播種します。

上手くいけば五月末頃から収穫開始になります。